開店祝いの胡蝶蘭の贈り方とマナー

開店祝いに胡蝶蘭を贈ろうと考えている方には、是非知っておいて欲しい事があります。

それは、開店祝いの胡蝶蘭の贈り方とマナーになります。

贈り方とマナーを知らないので、開店祝いに胡蝶蘭を贈る事で失敗してしまうのは避けたいでしょう。

今回は、開店祝いの胡蝶蘭の贈り方とマナーを説明します。

 

目次

 

・開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

・開店祝いの胡蝶蘭の相場

・開店祝いを贈るタイミング

・開店祝いのマナーとタブー

・開店祝いに胡蝶蘭を選ぶ時の見所とは?

・開店祝いに胡蝶蘭以外の物を選ぶ事はあるのか

・開店祝いのお返しとは

・まとめ

 

 

【開店祝いの胡蝶蘭の贈り方】

 

1.胡蝶蘭の色を選ぶ時には?

 

開店祝いに胡蝶蘭を贈る時にどんな色を選ぼうか迷ってしまう場合もあるかも知れませんね。

胡蝶蘭の花の色は何種類もありますが、その中でも贈られるのが多いのは白色だとされています。

もし、開店祝いに贈る対象から希望の色があれば、そちらに合わせた色を贈るのも良いでしょう。

 

 

2.胡蝶蘭の大きさは?

 

胡蝶蘭の大きさにもバリエーションがあるので、そちらも贈る時には気を配る事が大事になります。

開かれたお店の中に飾る為に贈るのであれば、そちらの広さに合った胡蝶蘭を贈りましょう。

広さが分からないようであれば、

贈る対象にどの位の大きさなら問題ないか聞いてみるのも良いかも知れません。

 

3.胡蝶蘭に付ける立札は?

 

開店祝いに胡蝶蘭を贈る時には立札も付ける場合が少なくありません。

この立札を付ける時には気を付けなくてはいけない点があるのです。

 

基本的な事になりますが、立札に先方の名称を書く時には正しく書く事が大事なポイントになります。

当たり前ですが立札に先方の名称が違っている形で贈ってしまうと、それを贈られた対象が見てしまう事になります。それで、不愉快な気持ちにさせてしまう可能性も充分考えられます。

万が一にも先方の名称が違っているままの立札で胡蝶蘭を贈らない様に気を付けましょう。

 

加えて、立札にはお祝い事の主旨を記載する場合があるので、

そちらも違っていたと言う事態にならないようにしましょう。

例えば、開店祝いに胡蝶蘭を贈ったのに、その立札に退職祝いと書かれていたら可笑しいでしょう。

開店祝いの立札のお祝いの主旨の文言としては、祝御開店・祝等が挙げられます。

 

他にも、開店祝いに胡蝶蘭を贈ろうとしている方の中には、

文字の美しさに自信がないと言う方もいるかも知れませんね。

胡蝶蘭を販売している店舗によっては、立札の文章の記入も実施しているケースがあります。

そのようなサービスを利用してみる事を検討しても良いのではないでしょうか。

 

【開店祝いの胡蝶蘭の相場】

 

まず、開店祝いの胡蝶蘭には相場があるので、そちらにも気を配って贈る事が大事になります。

 

開店祝いの胡蝶蘭の相場としては、友達の関係性なら1万円から3万円位です。

また、取引先の開店祝いで胡蝶蘭を贈る場合の相場は2万円から5万円位だとされており、

身内の方に胡蝶蘭を贈る場合は、5千円から3万円位です。

 

ただ、こちらは相場であると言う事が注意点になります。

開店祝いとして贈るのに、もっと高額な胡蝶蘭が選ばれるケースもあります。

開店祝いの贈る対象と自分の関係性の上では、

どれぐらいの額の胡蝶蘭が相応しいかよく考えてみると良いでしょう。

【開店祝いを贈るタイミング】

 

開店祝いを贈るとされているタイミングと言う物があります。

開店祝いに胡蝶蘭を贈ろうとしている方にも、当たり前ですが関わって来る話になります。

 

開店祝いを贈るタイミングだと言われているのは何通りかあります。

まず、開店する日の当日の午前中に贈るのがタイミングとされている場合があるのですが注意点があるのです。この開店の当日の午前中に開店祝いを贈られる事は、先方からすると困らせてしまう可能性があるのです。何故かと言うと、開店の当日の午前中は余裕がない状態である場合もあるからです。

慌ただしい時に新しく対応する事が必要な事案が発生したらやや大変に感じたりしますよね。

 

また、開店する日の前日に贈るとする場合や、

その1週間前から贈っても良いとされている場合もあります。

こちらのタイミングに開店祝いを贈るとするのは、

先方の余裕がない状態の時に贈るのは避けようとする意図もあるようです。

 

ただ、開店祝いを贈る時には、

開店日の当日の午前中からあまり過ぎないように気を付ける事が大事です。

開店する日の確認ミス等のないように注意しましょう。

やはり、開店祝いを贈るのが遅れてしまうのは避けるべきなのです。

もし、自分がお店を開く立場でかなり遅れて開店祝いが届いたら複雑な心境になりませんか?

恐らく、贈られた方から丁重な扱いを受けたとは思い難いのではないでしょうか。

やはり、開店祝いはそのタイミングに合った時に贈る事をおすすめします。

 

この他にも、開店祝いの贈るタイミングでは六曜にも注意を払った方が良いでしょう。

開店祝いを贈る時に六曜の関係でトラブルになるパターンもあるのです。

ちなみに、六曜の日柄の例としては、仏滅・友引・赤口等が挙げられます。

開店祝いを贈る日は六曜では、どれに当たるかを事前に確認しておくのも悪い事ではないでしょう。

 

開店祝いの胡蝶蘭はこちら!

 

【開店祝いのマナーとタブー】

 

1.開店祝いには先方の迷惑になるような品は贈らない

 

開店祝いには先方の迷惑になるような品物を贈らない様に気を付ける事も大事な点です。

これはマナーやタブーと言うよりも、人に贈り物をする時の気遣いと言えると思います。

今まで人から贈り物をされたが肝心の品物は喜べない品物だったと言う経験はありませんか?

自分自身が同じ好意を他人にしないように注意する事をおすすめします。

 

例えば、あまりに大きな品物を店内に飾って欲しいと開店祝いに贈ると、

店舗側にとっては飾る場所を探すのにも手間取って迷惑になる可能性もあります。

加えて、落ち着いたデザインが好きな人に対して、

派手なデザインの品物を贈ると迷惑になる可能性も考えられますよね。

 

2.開店祝いには火事を思わせる品物は贈らない

 

開店祝いは火事を思わせる品物は贈る事は避ける事がマナーとなっています。

折角、開店としたのにそちらが火事になってしまったと言う事態は悲劇でしょう。

お店を開く側からすると、そのような話を聞くだけでも縁起でもないと思われる方もいるかも知れません。

よって、開店祝いを贈る時にはこのような所にも配慮する事が大事となるのです。

 

例えば、開店祝いに胡蝶蘭を贈る時にはリボン等で装飾を施すケースは珍しくないでしょう。

しかし、一般的にはこのようなケースで赤い色を使用する事は避けた方が無難とされているのです。

開店祝いに贈る時には胡蝶蘭の装飾以外でも赤い色を使用する事は避けた方が良いです。

どうしてかと言うと、先程説明した火事を思わせる品物に赤い色も当て嵌まっているからです。

それでは赤い色以外にどんな品物が挙げられるのかと言うと、ライター・灰皿・ストーブ等が挙げられます。

 

3.開店祝いの時に文章を送る時には忌み言葉は使用しない

 

開店祝い時に文章を書く場合は、その内容で忌み言葉を使うのもタブーとなります。

開店祝いの忌み言葉としては、燃える・失う・敗れる・灰等が挙げられます。

開店祝いの時に文章を先方に送る際には、忌み言葉を使わない様にする事も忘れないようにしましょう。

【開店祝いに胡蝶蘭を選ぶ時の見所とは?】

 

開店祝いに胡蝶蘭を贈る時に、どんな見所があるのでしょうか?

ここでは、そんな胡蝶蘭の見所を説明します。

 

1.胡蝶蘭の見た目

 

胡蝶蘭の見た目が綺麗で高級感も感じやすい物となっているのが見所であると言えます。

開店祝いと言うお目出度い機会に場違いであるとは言えないと思います。

 

2.胡蝶蘭の花言葉

 

胡蝶蘭の花言葉も見所だとされています。

胡蝶蘭には幸運が飛んで来ると言う花言葉があり、

お店を開いた方にとっても幸運を望んでいない事は考えにくいでしょう。

これからお店を開いて行く、そんな時には幸運に恵まれたいと思いやすいかも知れませんね。

ちなみに、紹介した以外にも胡蝶蘭の花言葉はあります。

 

3.胡蝶蘭の匂い

 

胡蝶蘭の花の特徴としては、あまり匂いが強くないと言う物もあります。

匂いの強い花だと、人によっても嫌がられてしまうかも知れませんよね。

特にお店の中に花を飾る場合は、お客様も出入りする事になります。

贈られる側だけの問題ではなくなってしまうのです。

しかし、胡蝶蘭ならそのような方面の心配はあまりしなくても良い点が見所でしょう。

 

この他にも、開店祝いに胡蝶蘭を選ぶ時の見所はありますが、

それでも開店祝いの贈り物に胡蝶蘭が紹介される事が少なくない理由の一端を知れたのではと思います。

 

【開店祝いに胡蝶蘭以外の物を選ぶ事はあるのか】

 

開店祝いには胡蝶蘭以外の品物が選ばれる事はあります。

ここでは、胡蝶蘭以外にも開店祝いの品物を考えたい方に向けて紹介します。

 

1.現金

 

開店祝いの胡蝶蘭以外で贈られる物としては現金が挙げられます。

現金であれば、その使い道がないと言う事態は考えにくいです。

 

開店祝いに現金を贈るのは不躾ではと考える方もいるかも知れません。

しかし、開店祝いのケースでは現金を贈る事自体は、

マナー的に良くないとはされていないのです。

 

ただ、開店祝いで現金を贈る時のマナーがあるので注意する事が必要になります。

例えば、開店祝いに現金を贈る時にはその札自体に気を付けましょう。

開店祝いを贈る時に使用するのは新札となるのです。

例えば、結婚式でも現金を贈る時には新札を使用するのが一般的になります。

 

2.観葉植物

 

開店祝いに観葉植物が選ばれるケースもあります。

もし、開店祝いに観葉植物を贈る時には、

そちらの世話が簡単かどうかもチェックしておいた方が良いです。

育てるのが難しい観葉植物を贈ると、先方に手間を掛けてしまう事が考えられるからです。

加えて、観葉植物の花言葉もチェックして贈ると良いかも知れませんね。

 

3.インテリア

 

開店祝いにはインテリアを贈られるケースもあります。

インテリアを開店祝いに贈る時には、気を付けた方が良い点もあるのです。

インテリアは、先方の好みに合った物でないと困らせる可能性もある事です。

 

この他にも、開店祝いに贈られる品物としては、お酒・ギフト券等が挙げられます。

 

【開店祝いのお返しとは?】

 

開店祝いのお返しとは、どのような形で行われるケースが見られるのでしょうか。

その開店祝いのお返しのパターンを紹介します。

 

  • 開店祝いのお返しを品物でする場合

 

開店祝いをお返しを品物でする場合は、その相場や礼状にも気を配りましょう。

まず、開店祝いのお返しの品物の相場は幾ら位か説明します。

こちらはその地域によっても変わる場合がありますが、

受け取った品物の50%から30%位の額であるとされています。

 

具体的に開店祝いのお返しの品物はどんな物が贈られる場合があるのでしょうか?

こちらの品物としては、カタログギフト・お菓子・キッチン周りの品・タオル等です。

ちなみに、開いたお店の名称を品物に記載している場合もあります。

 

加えて、礼状に関してもしっかりと記述しましょう。

こちらの礼状を書く際にもマナーがあるので注意しましょう。

 

  • 開店祝いのお返しとして祝賀会を開く場合

 

開店祝いのお返しとして、祝賀会を開くと言う形式の物を採用する場合もあります。

こちらの祝賀会の方法でお返しする場合は、参加者の方は確認しておきましょう。

もし、開店祝いを贈って来た方の中で祝賀会に参加していない人がいた場合は、

別の方法でお返しを行うとされているからです。

 

加えて、祝賀会に来てくれた方にも品物を渡す場合があります。

とは言っても、こちらは記念品やお土産等の扱いになります。

一般的にそれ程高額の物ではない形の物になるようです。

もし、こちらの品物を用意する時には、先方が困らない様に気を付けましょう。

 

【まとめ】

 

開店祝いに贈り物をする時のマナーは複数ありますね。

しかし、先方にとってはお店を開く事は大きな出来事である場合が多いでしょう。

そんな時に、きちんとお祝いをする為にもマナーが大事になるのです。

開店祝いのマナーに関しては、適当にしないでしっかりと対応する事をおすすめします。

開店祝いに胡蝶蘭を贈る時にも、同じようにマナーを守ると良いでしょう。

以前開店祝いを贈った事がある方でも、間違って覚えている所はないか確認をして見るのも良いかも知れません。