居酒屋開店祝いには胡蝶蘭がおすすめの理由

会社企業の立ち上げ祝いや、お店の開店祝いではお花を贈るのは一般的によくあることですが、居酒屋の開店祝いにおいて喜ばれる定番のお花はやはり胡蝶蘭の人気が根強いです。胡蝶蘭は様々な美しい色合いの花の種類があるのでお店のオープンの時に、店前に胡蝶蘭が飾ってあると、その美しさで人目をとても引いて集客力にもつながるので喜ばれます。

店の外に置く場所の余裕がない場合でも、室内に胡蝶蘭を設置することで、観葉植物としての役割で店内の空気をきれいにしたり癒しの効果があるとされてるので喜ばれます。値段としてもお祝いとして贈るのにちょうどよく、三本立ちのもので一万五千円から二万円と言う値段で販売されているものが多く、少し上等なものとして花びらが大きい三本立ちで二万五千円程度の値段になり、ランクがとても上等な五本立ちの胡蝶蘭になると三万円を超える値段がついています。 お祝いで三万円ランクのものを贈ることが多いと思いますのでこの胡蝶蘭の値段をみてみると、贈り物にちょうど良いことがわかります。

また、一口に居酒屋といってもいろいろな雰囲気のお店やコンセプトが設定されているお店があると思います。大人向けのシックな落ち着いた雰囲気のデザインの場所や、ファミリーや大学生向けの大衆居酒屋のお店などです。開店祝いを贈りたいお店の雰囲気がわからない場合は、どのようなお店にも合う、無難にシンプルなホワイト色の胡蝶蘭を選んで贈ると外すことはなく、まず間違いはありません。ただのホワイトではいくらなんでも物足りないなと感じるときは、おめでたい雰囲気とお洒落さを演出できる紅白の胡蝶蘭が良いと思います。他にもイエロー系統や、ピンク系統の種類のものもあります。

ゴージャスに華やかな感じでお祝いの喜ばしい気持ちを贈る側として表現したいのならば、色がはっきりしているものを選ぶとよいでしょう。そもそも胡蝶蘭の花言葉として、「根付く」という意味合いを持つ鉢植えの植物なので、新しく開店したお店が将来どんどん発展していき、栄えて繁盛しますようにという願いをこめて贈ることができる植物なのです。それ故に、胡蝶蘭は、贈る方も贈られる方も、縁起物として素直に喜ぶことのできる植物として最適なお花なのです。

そして、鉢植えとして容器に入ったフラワーアレンジメントは贈られたお店側も好きな場所に置くだけで良いので、気軽に受け取ることのできるので、胡蝶蘭は喜ばれるのです。

 

開店祝いの贈り方