シミだらけだった肌から美肌のおばあちゃんを目指す

初めて自分の顔がシミだらけであることを発見した

美肌「美肌県しまね」冬旅キャンペーン~ご縁も-島根観光ナビ

私はもともと色黒で、夏になって半そでを着たその日から「どこかに行ってきたの?」「テニスしてるの?」といわれるくらいの黒さです。
自黒なうえに日焼けで蓄積された黒さが冬でも戻らないので、半袖になって腕を出した途端に黒さが出るということです。
そんな肌なのにもかかわらず、顔に何かを塗るのが嫌で友達の結婚式に招待されたときくらいしか化粧もさることながら日焼け止めさえ使っていませんでした。
そのため顔もどんどん黒さが増していきました。
そして保育士をしていたので、子どもたちと外で遊びプールにも入り、結婚して子どもが生まれてからは仕事はやめましたが、ほぼ一日中公園で過ごしていて、その頃も紫外線の防御もせずにいたのです。
私は視力も悪く日中は眼鏡で過ごしていて、日々忙しいしあまり美容にも関心がなかったのでほとんど鏡をじっくりと見ることもありませんでした。
そして、下の二人が保育所に行くようになり外に出て働くことに決め、パートで学童保育の仕事をはじめました。
自分の時間も少しできて眼鏡からコンタクトレンズに変えた時に、初めて自分の顔がシミだらけであることを発見したのです。

🎁Re:cosme #プレゼント企画 🎁

人気韓国コスメ✨#CNP スキンケア4点セットが
抽選で1名様に当たる❣️

【応募方法】
@recosmeofficial をフォロー
★このツイートをRT&いいねするだけ!

10/31〆切 当選はDMで報告💌#懸賞 #プレゼントキャンペーン #プレゼント #韓国コスメ #チャアンドパク pic.twitter.com/qNusNdSa60

— Re:cosme(アールイーコスメ) 公式 がんばる女子の美肌計画 (@recosmeofficial) October 24, 2021

初めて自分の顔がシミだらけであることを発見した | 美肌になりたいと美容に目覚めたのは、その35歳の時でした | 美肌のおばあちゃんを目指してこれからも頑張るつもり